社内有識者を講師にした研修

社内有識者を講師にするメリット

社員研修は社外研修と社内研修に大きく分かれますがその中で社内有識者を講師にするメリットは、まず社員研修費の節約です。社外に依頼する場合はその分費用がかかりますし、会場を借りたり宿泊が伴うのであれば更に負担が重くなります。社内研修でも人件費がかかりますが、そのまま自社で研修できますし宿泊も伴いません。その会社の規模や研修内容にもよりますが、社外研修と社内研修では数万円から数十万円ほど費用の差が生じてきます。
社内研修であれば、社員の性格や得手不得手もある程度分かるので弱点を補うような研修が可能です。しかし社外研修は、ある程度社員の情報が渡りますが性格など細かい部分は分かりません。なので社内研修は苦手を潰せる効率の良い研修ができるのです。

対人コミュニケーション能力強化

研修の種類は様々で、あらゆる知識を習得するような研修もあれば対人コミュニケーション能力を鍛える研修もあります。社外研修では、時に他の会社と合同で行うこともあるので初対面の人と顔を合わせる可能性が高いです。それだけでも新鮮でコミュニケーション能力が鍛えられますが、その中でグループワークなどを行えば更に有効です。 ただ、社内研修はこのような新鮮味に欠けるかもしれません。頻繁に顔を合わせる人同士がコミュニケーションをしても、考え方や性格が分かっているので研修とは言えなくなります。 しかし、だからと言って社内研修における対人コミュニケーション能力強化は決して無意味ではなく、苦手な部分をダイレクトに強化できるので有益です。