対人での研修

社内有識者を講師にした研修

社員研修は社外研修と社内研修に大きく分かれますがその中で社内有識者を講師にするメリットは、まず社員研修費の節約です。社外に依頼する場合はその分費用がかかりますし、会場を借りたり宿泊が伴うのであれば…

外部研修講師を利用

会社を支えているのは社員なので、それぞれがレベルアップすれば業績が良くなったり、魅力が高くなったりします。レベルアップに効果的な方法は、現場で様々な仕事に取り組んでもらったり、資格取得に励んでもら…

講師なし、対人以外の研修

オンライン講座の受講

オンライン講座を使った社員研修を実施している企業の数は年々増加しており、職種や役職によらず、それぞれの社員が空き時間に興味のある学習に取り組みやすいといったメリットがあります。こうした研修の方法は…

通信講座の受講

常に成長し続ける姿勢で仕事に取り組むことによって、会社の業績を安定させたり、伸ばしたりできるようになります。また、日常業務以外でも社員に成長してもらいたいと考えているのであれば、定期的に研修を開催…

課題図書、教材の配布

研修と言えばどこかに集まって、前には講師がいる状況を思い浮かべます。しかし、なかには課題図書や教材を配布して、それに対するレポートや報告を課す場合もあるでしょう。読書感想を書くなんて何年ぶりだ、そ…

現場でのOJT教育を実施

実務にちかづく社員研修とは

近年、多くの会社では社員研修が盛んになっていますよね。座学形式やオンライン上での独学形式、OJT形式などさまざまな種類の研修があり、取り組み方や習熟具合にむけた調整ができるなど、幅広く研修を受けることができる機会が広がっています。 こういった場合、数ある研修の中でしっかりと種類を選んで実施することが重要になりそうですね。 この動向に加えて企業の多くが研修に求めていることというのは、いかに社員が研修を通じて現場の実務に近づいていくことができるようになるか、ということではないでしょうか。 実務に直結する事柄を習得してほしいという場合は、やはり現場で実務にふれることができ、実際に就労している先輩社員から直接実務を通じて対人で受ける研修方法が最適といえますね。

対人での社員研修のメリットとは

仕事というのは勉強ではないので、あくまで実務をこなしてみないとわからなことが山のようにありますよね。 そんな時、座学での一方的に伝えられるだけの研修ではなかなか実務の内容を掴みにくいものです。つまり、実際に実務をこなしている先輩社員や教育係の社員から直接実務に触れながら対人での研修が効果的と言えます。この形式の研修は、実際に多くの企業でOJT教育として現場での社員研修が行われています。 最初から誰しもが実務を完璧に覚えているわけではないので、人とのやりとりを通じて、学んだことをアウトプットしたり疑問点をその場で解消できるようにしていくことが必要であり、それが最も行いやすいのはOJT教育ではないでしょうか。 社員研修のニーズが高まってる現在において、OJT教育の実施を検討してみてもいいかもしれませんね。